フローリングとかをコロコロするやつどこいった?

危険な記事

さっきから、コロコロするやつ探しているんだが見つからない。

廊下の埃が気になってコロコロするやつで取ろうとしたんだけど見つからない。

掃除機で埃を取ると隣人に「この人掃除機かけてる」って思われるの嫌だ。

極力、私がいる事がバレたくない。更に、掃除機の音がうるさくて隣人の人のお耳に害を与える事があってはいけないと思う。

ひっそりとコロコロするやつを探しに行くことにしました。

トイレへ

辺りを見渡したがコロコロするやつは見つからない。

なんなら、埃を見つけてまた苦しくなってしまった。コロコロするやつがなければこの家は埃で埋め尽くされるのも時間の問題だな。。。

便器のフタを開けてみる。。意外にも。。

なかった。。ここを当てにしてただけに残念。。

トイレを後にしようと思った時、上にスペースがあることに気付いた。

埃を見つけた。コロコロするやつは見つからなかった。。

衣類を部屋干しするための部屋

ここに、コロコロするやつないかなって見に来ました。

「見つからない!!ないっ!!ないっ!!!ハアハア。。」

鼓動が早い。。このままじゃもう。。コロコロするやつがあんなに大事なんて。。。

私は埃で死ぬ恐怖が現実味を帯びてきて、最早冷静でいられないのを感じた。。

すると、とんでもない事に気付く。

洗濯物に埃が!!!

早くコロコロするやつがないと。せっかく洗った服が埃に浸食されてしまう。

一刻の猶予もない。。私は覚悟を決め次の部屋へと旅立つのだった。。

寝室(寝る部屋)

うわわわわわわわわわあああああああああああ!!!!!!!!!

埃で一杯になっていた。

もう無理だ。。コロコロするやつがないと取れない。。

コロコロするやつがあって、予備のコロコロするやつがないと間に合わない程に。埃は勢力を増してきている。

「誇り高き死」

そんな、言葉が脳裏によぎった。。

結局ここにはコロコロするやつがなかった。最後の力を振り絞り。行こう。

リビング

もちろ。ここも埃で一杯だ。

「あっ!!!」

間違いなくコロコロするやつだ!!!頑張って近づく。

更に近づく。頑張れ!頑張れ!

もうちょい近づく。

クッションだった。。。

私は目の前が暗くなり。コロコロするやつがないことがこんなにも苦しく。そして切ない。と思い今日のブログ更新を終わらせようと思いました。

ペイント書くときにスプレーの〇表示が画像保存で残ること把握した。

コメント

タイトルとURLをコピーしました